篠崎こころ・宮本彩希


コスプレイヤーの宮本彩希(写真左)、篠崎こころは5月30日、神奈川・横浜武道館で開催された格闘技イベント「K-1 WORLD GP 2021 JAPAN ~K-1 WORLD GP 2021」に出演。

スペシャルラウンドガールとして、美しい“女戦士”姿を披露し、観衆を魅了した。


■ビキニアーマー姿で魅了

篠崎こころ・宮本彩希


彼女たちが登場したのは、実力派女性格闘家同士の対戦となった第13試合「MIOvs菅原美優」でのこと。


篠崎こころ・宮本彩希


第1ラウンドが終わると、甲冑とビキニを組み合わせた衣装「ビキニアーマー」を身に包んだ2人は、ラウンドボードを高く掲げつつ堂々とリング内をウォーキング。ニッコリ笑顔を見せる余裕もあり、会場に一時の清涼感を与えていた。


■「いっぱいいっぱい」と本音も

篠崎こころ・宮本彩希


試合は判定でMIOが勝利。試合後に彼女たちを直撃すると、「振り付けを2人で練習したんですけど、けっこう試合ギリギリまでやっていたので、それでいっぱいいっぱいだったっていうのが正直なところです(笑)」と明かした宮本。

一方の篠崎は「初めてラウンドガール。生で初めて選手の試合を観て、すごく迫力を感じました。もし、機会があればまた来たいなと思います!」と意欲をあらわに。


■格闘技「やってみたい!」

篠崎こころ・宮本彩希


試合の感想を記者から求められると、宮本は「二人ともすごくかわいくてビックリしちゃった。試合はホント、エキサイティング。会場の雰囲気もすごく良かった!」と興奮気味に語った。

篠崎こころ・宮本彩希


篠崎は「私たちと同じくらいの身長のかたが迫力のある戦いをしていて驚きましたね。私もちょっとやってみたいなというのがありました(笑)。かなり興味がわきました!」と、まさかの格闘技デビューも示唆。


■衣装のポイントは?

篠崎こころ・宮本彩希


衣装の選択については「二人ともビキニアーマーという衣装。アニメだと戦う女性のイメージでビキニアーマーの子が出てくることが多いので、『戦う女性といえば』ということでチョイス」(宮本)
「女性の試合のラウンドガールということで、少し華麗なイメージも出したいなということで頭の飾りとかレースとかの部分で、ちょっと女性らしさを出しました」(篠崎)
と、こだわりを見せていた。



篠崎こころ・宮本彩希


ちなみに宮本は「この胸の曲線とかをちょっと気に入ってます」とバスト部分が衣装のポイントだと明かし、篠崎は「うしろを向くとかなりセクシーな感じになっていて。前の強さと、うしろの柔らかさで差が出てかわいいのかなと思ってます」と説明していた。


コスプレイヤー宮本彩希、篠崎こころ 大胆すぎる「女戦士」姿で格闘技ファン魅了


(出典 news.nicovideo.jp)