“Eカップ美バスト”のキム・ウヒョンが注目されている。


1992年生まれのキム・ウヒョンはもともと、インスタグラムを通じて人気を博した“インフルエンサー”だった。そのフォロワー数は75万人を突破している。

2018年7月に「SNSで話題の人物」として、初めて韓国の人気男性誌『MAXIM KOREA』の表紙を飾ると注目度が急上昇。『MAXIM』アメリカ版の表紙モデルを選抜する「MAXIMカバーガール・コンテスト」でも、9000人余りの候補者のなかで2位を記録するなど、圧倒的な人気を獲得した。

2018年には写真集『ウヒョン』を発表し、売り切れになるほど好評を博した。

そんな彼女は最近、インスタグラムに写真を公開した。

公開された写真でキム・ウヒョンは、ソファに座ってカメラを見つめている。上半身はラッシュガードを着用しているが、下半身はカルバンクラインのパンツ姿だ。肉付きの良い太ももや腹部が眩しい。

美バストだけでなく、下半身も見事であることを証明したキム・ウヒョン。今後も彼女から目が離せない。


(写真=キム・ウヒョンInstagram



(写真=キム・ウヒョンInstagram


(文=S-KOREA編集部)



(出典 news.nicovideo.jp)