松村 沙友理(まつむら さゆり、1992年〈平成4年〉8月27日 - )は、日本のアイドル、ファッションモデル、女優であり、女性アイドルグループ・乃木坂46のメンバー、『CanCam』の専属モデルである。大阪府出身。身長164 cm。血液型はB型。愛称は、さゆりん、さゆりんご。
79キロバイト (10,718 語) - 2021年5月16日 (日) 01:04

乃木坂46松村沙友理が、7月13日に「松村沙友理 乃木坂46卒業記念写真集」(タイトル未定)をマガジンハウスから発売することが決定した。


【写真】乃木坂46松村沙友理、“人生初”大胆ヘアカット

松村沙友理乃木坂46卒業記念写真集発表

乃木坂46の1期生としてグループを牽引してきた松村からファンの皆さまへの“恩返し”として、卒業を決意してからの大切な日々に万感の思いを込めて撮り下ろし。

旅先の自然を前にして、あるいは、部屋で過ごす何気ない日常で…。どんな景色の中にいても、彼女の笑顔や仕草によって、その場所が“松村沙友理色”に染まる。その圧倒的な存在感がなす奇跡のような光景を、“サヨナラ”の想いとともに、いま最大出力で届ける。

この10年、誰より笑い、おどけ、真剣に企んで、そして仲間との別れを全力で惜しんできた愛しい“まっちゅん”と、これからの歩みを予感させる新たな“松村沙友理”が同居するいまだけのきらめきを、ぎゅっと詰め込んだ。

◆「こんな松村沙友理が見たい!」を凝縮

「こんな松村沙友理が見たい!」その1:喜怒哀楽を、全身・全顔で表現する愛くるしさ。

くしゃっと笑った笑顔、美味しいものを食べてご満悦の表情、子どものようにおどける姿など、自然体で撮影にのぞんだからこそ切り取れた「素」の松村がいっぱい。

「こんな松村沙友理が見たい!」その2:誰よりも明るくポジティブな「彼女感」。そして、ドキッとさせる大人の色気。

松村の屈託のない明るさこそ、乃木坂46の太陽。 誰に対しても優しく、溢れるポジティブオーラは近くにいる人を幸せに、そして楽しくさせてくれる。松村ような彼女がいたら、こんな表情で元気づけてくれるのかな?と思わせる最強笑顔が満載。無防備な寝起きカットに加え、白い肌を露わにした美しい水着姿、そしてちょっと大人っぽい夜……など松村を“彼氏目線”で楽しめる。

「こんな松村沙友理が見たい!」その3:乃木坂46メンバーが選ぶ「この顔になりたいメンバー」No.1。

くりっと丸い大きな瞳、笑うとハート型になる愛らしい唇、透き通るような白い肌は乃木坂46メンバーの憧れ。大人のキレイさと少女のような可愛さが共存している松村の魅力は、衰えを知らない。どんどん若くなっている美貌を余すことなく堪能できる。

◆「走れ!Bicycle」の思い出が詰まった宮崎で撮影

まだ乃木坂46として活動間もない2012年3rdシングル「走れ!Bicycle」のPRのため宮崎を訪れた松村。自転車に乗って公民館や保育園を周り、地元の方と交流した思い出は今でも心に深く刻み込まれていると言う。そんな思い出が残る地を舞台に、松村さんが10年間の集大成となる写真を撮り下ろした。

松村は「今回の写真集乃木坂46としての10年間が詰まった一冊になっています。乃木坂46で生きてきた自分をさらけ出す気持ちで撮影したので、変に良く見せようとせず、“ニセモノではないありのままの私”を見てもらいたいと意識しました。読者の方が『自分だけのまっちゅん』と感じてもらえると嬉しいです」と呼びかけている。

Twitterアカウントは@sayuringohan。Instagramは松村の公式アカウント(@matsumura_sayuri_official)で随時情報発信していく。(modelpress編集部)

松村沙友理コメント

これまで卒業していったメンバーを見送るたびに、寂しい心境になっていましたが、いざ自分が卒業することになると、『サヨナラ』を悲しいことではなく、もっと明るく考えたいと思うようになりました。今回の写真集乃木坂46としての10年間が詰まった一冊になっています。乃木坂46で生きてきた自分をさらけ出す気持ちで撮影したので、変に良く見せようとせず、“ニセモノではないありのままの私”を見てもらいたいと意識しました。読者の方が『自分だけのまっちゅん』と感じてもらえると嬉しいです。

Not Sponsored 記事】

「松村沙友理 乃木坂46卒業記念写真集」(タイトル未定)(C)マガジンハウス(撮影・三瓶康友)


(出典 news.nicovideo.jp)