高崎 かなみ(たかさき かなみ、1997年7月14日 - )は、日本のモデル、グラビアアイドル、女優。エイジアプロモーション所属。 中学1年生から芸能スクールに通い始め、高校生だった2015年3月より「JKガールズ」3期生として、原宿系ファッション誌『CHOKi×CHOKi
15キロバイト (1,916 語) - 2021年5月7日 (金) 09:58



高崎かなみ(©佐藤裕之 /週刊プレイボーイ

17日、数々のグラビアオーディションを勝ち抜き、“無敵のグラドル”とも称される高崎かなみが、7月14日ファースト写真集タイトル未定』(集英社)を発売することを発表した。


画像をもっと見る

■一度も見せたことのない限界ショット

高崎かなみ(©佐藤裕之 /週刊プレイボーイ

サンスポGoGoクィーン」初代グランプリ、「ミスジェニック2019」グランプリ、週刊プレイボーイ主催の「NIPPONグラドル53人 撮り下ろしソログラビア争奪オーディション」優勝した彼女。

写真集では、沖縄を舞台に、正統派な水着姿、しっとりと艶やかな姿、そしてこれまでに一度も見せたことのない限界ショットにも挑戦している。

高崎かなみ(©佐藤裕之 /週刊プレイボーイ

関連記事:川津明日香、『週プレ』の表紙飾る フレッシュな笑顔に癒されまくり

■「とてつもなくうれしかった」

今回の発売に際し、本人からのコメントが到着した。

———写真集を出すと聞いたときの感想を教えてください。

高崎:正直「どうして!? 私が? いいんですか? 何かのドッキリですか?」とマネジャーさんに聞き返したのを覚えています。写真集を出すことはずっと夢でしたし、まさか出せると思っていなかったので、とてつもなくうれしかったです!


■太陽光が強すぎて「日陰ばかりで撮影」

———写真集撮影で覚えているエピソードは?

高崎:写真集の撮影に向けてジムに通い始めたり、少しダイエットもしたりしたのですが、ロケ地の沖縄の料理がおいしすぎてつい食べすぎてしまいました(笑)


あとは太陽光が強すぎると、どうしても目が人以上に開かなくなるのが自分のコンプレックスで、やはり沖縄の海でもそれが発動。結局、日陰ばかりで撮影した事を覚えています(笑)


■露出度やセクシーさは「今までで一番」

———どんなところを見てほしいですか?

高崎:露出度やセクシーさでいうと、今までで一番だと思います。それだけではなく、自分らしいフレッシュさやアンニュイな雰囲気などを全面的に出しました。


思わず見惚れてしまうような、きれいなグラビアが好きなので、そこも自分の中でこだわりました。ぜひ見て頂きたいです。


■「自分の最大限のグラビアが詰まった一冊」

———ファンへのメッセージをお願いします。

高崎:今回ファースト写真集を出すことが決まり、自分の最大限のグラビアが詰まった一冊となりました! いつも応援してくださる皆さまや、初めて私を知ったよ!って方など、たくさんの方々がお手に取っていただけたらうれしいです!

・合わせて読みたい→戦慄かなのの実妹・頓知気さきな レトロな初写真集は「80年代のオマージュ」

(文/しらべぇ編集部・maitama

高崎かなみ、初写真で限界ショットに挑戦 セクシーさは「今までで一番」


(出典 news.nicovideo.jp)