工藤 美桜(くどう みお、1999年10月8日 - )は、日本の女優、モデル、グラビアアイドル。 東京都出身。プラチナムプロダクション所属。 小学校4年の頃からモデルの仕事を開始。最初は人前で表現などをするのが苦手で「演技を通じて自分なりに表現をすることが出来たら」と思ったことで、中学生時代は演劇部に入っていた。
15キロバイト (1,614 語) - 2021年5月4日 (火) 04:04



 女優の工藤美桜が、11日に発売された『FLASH』(光文社)の表紙に登場した。

 スーパー戦隊シリーズ魔進戦隊キラメイジャー』(テレビ朝日系)に出演し、好演を見せ注目を集めている工藤。今回は、洋館で暮らすお嬢様に大変身し、普段とは違う雰囲気で白ワンピビキニ姿を披露している。撮影に対し工藤は、「白ワンピがかわいくてテンションが上がりました! 私はお嬢様ではないと思いますけど、親は厳しかったですね。門限はなかったのですが、母親が過保護気味で、『今、電車乗った』、『今、降りた』って連絡しないと、鬼電がくるんです。今年中に一人暮らしを始めるつもりですが、この調子だと毎日家に来るかも(笑)」と明かした。

 ​>>全ての画像を見る<<​​​

 また、同号には2017年に公開された映画『光』でヒロイン役を務めた女優の水崎綾女も登場。カンヌ国際映画祭エキュメニカル審査員賞を受賞するなど、いまや国際派女優の水崎が、9年ぶりとなる本格グラビアで水着姿を披露している。水崎は、「久しぶりで緊張しましたが、グラビアの楽しさを再確認することができました。ライダージャケットと下着の組み合わせが特にお気に入りです。『グラビア活動をやめたのは嫌だったからですか?』とよく聞かれるんですが、それは事実無根で、ある日マネージャーさんに『今日から女優一本で行きます!』と告げられまして…。基本的にイエスマンなのでそのまま女優業にシフトしていきました(笑)」とコメントを寄せている。

 さらに、NGT48エース・本間日陽が19日に発売される自身の1st写真集『ずっと、会いたかった』(光文社)の発売に合わせ、先行で解禁されたランジェリーショットを独占公開。ほかにも、“新潟の太陽”と呼ばれるまぶしい笑顔の水着カットや、温泉での“彼女感”満載のエモーショナルなシチュエーションランジェリー姿にも初めて挑んだ本間渾身のグラビアは、ファン必見だ。

Smart FLASH』公式サイト
https://smart-flash.jp/

工藤美桜⒞光文社/週刊『FLASH』 写真◎LUCKMAN


(出典 news.nicovideo.jp)