5月19日に発売される本間日陽(NGT48)の1st写真集タイトルが「ずっと、 会いたかった」に決定。併せて通常版、 楽天ブックス版、 HMV&BOOKS online版、 セブンネット版の表紙が公開された。

【大きな画像をもっと見る】

「ずっと、 会いたかった」は本間の地元・新潟と沖縄を舞台に、温泉や一面の雪景色、透き通る海など、多彩なロケーションで撮影された作品。Instagramのフォロワーが12万人を超えるフォトグラファーの酒井貴弘が本間のまぶしい水着姿からフォトジェニックな横顔まで、“彼女感”満載のカットを撮影した。

通常版の表紙に使われたのは、自然体な今の姿を見せたいという思いから新潟のマンションの一室で撮影された写真。本間のリラックスした表情とヘルシーなデコルテラインが印象的な1枚になっている。また楽天ブックス限定アザーカバーには沖縄で撮影されたアップショットHMV&BOOKS online限定アザーカバーには沖縄の離島のビーチに佇むワンピース姿のカットセブンネット限定アザーカバーにはフリースパーカーを着て“新潟の太陽”というキャッチフレーズ通りの透明感のある笑顔を見せる本間の写真が使用されている。

本間日陽 コメント

通常版カバーについて

タイトルは「ずっと、 会いたかった」に決まりました。皆さんにやっとご報告できてうれしいです。この表紙のカットは、1ポーズ目の撮影で、もう少し緊張するかなと思ったのですが、撮影が始まった瞬間からとても安心して臨めました。 めちゃくちゃ私のお気に入りだったので、これが通常版カバーに決まって本当にうれしいです!

楽天ブックス限定アザーカバーについて

今回の写真集で撮影したすべてのカットのなかで、ナンバーワンアップカットなので、皆さんにすぐに見つけてもらえるんじゃないかなと思います(笑)

HMV&BOOKS online限定アザーカバーについて

沖縄で撮影したなかでも、いちばんと言ってもいいほど、お気に入りです。普通、沖縄だと晴れた青い海というイメージだと思いますが、逆に雨のビーチがここまで綺麗になるのは沖縄ならではだと思いました。

セブンネット限定アザーカバーについて

もこもこの青いパーカが特徴です。この衣装は、この本の中でも、とてもいい味を出しているので、お気に入りのカットです。 新潟っぽさも感じられると思いますので、ぜひチェックお願いします

本間日陽1st写真集「ずっと、 会いたかった」通常版表紙(撮影:酒井貴弘)


(出典 news.nicovideo.jp)