内田 理央(うちだ りお、1991年9月27日 - )は、日本の女優、ファッションモデル、グラビアアイドル。『MORE』専属モデル(2015年10月 - )。 東京都出身。レプロエンタテインメント所属。日本大学鶴ヶ丘高等学校、日本大学法学部経営法学科卒業。 2010年4月、日本テレビ『アイドルの穴〜日テレジェニックを探せ
60キロバイト (7,221 語) - 2021年4月7日 (水) 05:11



女優の内田理央が、20代ラストグラビアを収めた写真集(タイトル未定 主婦と生活社 2,970円 128P)を6月23日に発売することが分かった。このたび先行カット4枚と、本人が「脱ぎすぎ注意」と語る同誌の詳細が公開された。

「久しぶりのグラビア。そして写真集。気合いをいれました!」と内田が語る5年ぶりの写真集は、「ちょっとレトロな“幼馴染み”」をテーマに撮影された。内田いわく「『おいっちょっと見えすぎ! 隠してくれよ!』というのを狙っていた」とのことだが、あまりの脱ぎっぷりに「幼馴染みの一線を超えているでは」と撮影チームで審議になるほど。その結果「男女関係なくキュンとさせる存在“最強のガールフレンド”」という女性像に落ち着いた。

そんな写真集を一言で表すなら「脱ぎすぎ注意! 盛れました」。内田が「きゃぴっとした水着から、グラビアっぽいお風呂で濡れベージュ、お尻がガッツリ開いてる下着など、振り幅がすごい(笑)」と振り返るように、これでもかという数の「お尻寄り」カットから、思わず2度見してしまうような“ひじ”、そして「Oバック」「袋とじ」「丸見えボーリング」など、ドキドキする写真が満載となっている。

20代最後というタイミングでの発売について内田は、「今回は女性誌『ar』監修の写真集だったので、かわいくぷりぷりっとしたグラビアを撮りたい! それなら、なるべく早めに! 20代のうちにやりたいことをやっておこうと写真集に納めさせて頂きました。ラストぷりぷりグラビアです」と経緯を説明。

また、ミニスカートボーリングをしている撮影の際「ボールが出てくる機械の指を乾かすところからの風でスカートがめくれちゃって! 偶然のパンチラにみんなで何じゃこれはと盛り上がりました。写真集でもそれが採用されてます!」と裏話を明かす。

最後にファンへ向けて「グラビアは私の原点。今までずっと、性別関係なく楽しめるグラビアをモットーに考えてきましたが、その集大成のような写真集ができましたっ。これで20代やり残したことはありません。これをみてキュンとしてください」とメッセージを寄せた。

画像提供:マイナビニュース


(出典 news.nicovideo.jp)