藤井 マリー(ふじい マリー、1994年6月10日 - )は、日本のレースクイーン、タレント、グラビアモデル。愛称は「まーりん」。神奈川県横浜市出身。ワンエイトプロモーション所属。 2017年のSUPER GTとスーパーフォーミュラで「ITOCHU ENEX IMPUL LADY」としてレースクイーン活動を行う(小山桃の代役)。
12キロバイト (1,272 語) - 2021年4月9日 (金) 08:45



レースクイーングラビアアイドルの藤井マリーが17日、東京・秋葉原ソフマップで最新イメージDVDマリーゴールド』(発売中 4,180円税込 発売元:ラインコミュニケーションズ)の発売記念イベントを行った。

パキスタンと日本のハーフである藤井マリーは、2017年からレースクイーンとして活躍中。初グラビア2019年1月にリリースした1stDVDくびれボディ』が初めてで、上からB87・W55・H100という日本人離れした凹凸ボディを露わにしてグラビアファンからも注目を集めた。その彼女が1stDVDから2年ぶりとなるグラビアDVDリリース。様々なシチュエーションが展開される中で、超絶スタイルを様々な衣装や水着姿で見せつけている。

黒のセクシービキニ水着で登場した藤井は「今回のDVDは色んなシチュエーションが繰り広げられて、私が彼氏のリクエストナースになったり家庭教師になって生徒を誘惑するシーンなんかがあります。ナース家庭教師シーンは私から攻めました」と見どころを語り、「ボクシングシーンがあるんですけど、実は私、プライベートでも週3日ジムに通っているんです。実際にパンチを打ったりしたので、一番素が出ていると思います」と笑顔を見せた。また、セクシーシーンについては「ゴールドの水着を着たシーンです。ゴールドビキニのテカった感じが私の身体に光が反射したような感じなので、すごくセクシーだと思います」とアピールした。

約2年ぶりのグラビアDVDとなった藤井は「1stDVDが私にとって一番最初のグラビア撮影だったので、すごく初々しいし恥ずかしがったことを今でも覚えています。身体の感じも自分では納得してなかったので、2年前の取材では50点と自己採点しました」と当時を振り返り、「今回は2年間ジムに通って身体も気持ちもだいぶ引き締めて撮影に臨めました」と明かしていた。

画像提供:マイナビニュース


(出典 news.nicovideo.jp)