モデルプレス=2021/04/21】100cmの“神がかり美ヒップ”を武器に、グラビアアイドルコスプレイヤーとして活躍中の九条ねぎ(くじょう・ねぎ)。「趣味はボディメイク」と語る彼女の、こだわりの食事法とは?ツヤ肌を作るお風呂ルーティンや、毎日のヒップケアについても教えてくれた。<モデルプレスインタビュー

【写真】九条ねぎ、引きこもり・ブラック会社乗り越えた“美ヒップの女神”に迫る

アジア人離れしたくびれライン、ボリューミーながら引き締まったヒップに「芸術的」「カッコイイ」と称賛の声が日本内外から寄せられる九条。

グラビア界に現れた“美ヒップの新アイコン”として注目される彼女だが、そのスタイルや肌質を保つために大切な日々の習慣があった。

◆九条ねぎ、“美ボディ”作る日々の努力

― 最近、美容のために意識していることはありますか?

九条:お水をたくさん飲むようにしています。家にいるときは、できるだけポットでお湯を沸かして白湯にしたものを、1日3リットルらい。適量は人によって違いますが、私はたくさん飲むと体調が良い気がします。外出するときやお仕事の日はあまり飲めないこともありますが、それでも2~3リットルは飲んでいます。

― それだけの量を飲むことは、辛くないのですか?

九条:量だけで考えると「辛そう」って言われることも多いです(笑)。でも、水を飲むようになってから、乾燥肌が改善したし、お通じも良くなりました。こまめに水分を摂取するとウイルスを消化器官で分解してくれて、風邪予防にもなるそうです!私も何年風邪ひいていないかわからない…。

― 意識していても、水をたくさん飲むのは大変そうです…。

九条:実は私もある習慣がついてから、自然と飲む量を増やせました。スマートウォッチファンの方にいただいたので、今まであまり気にしていなかった「歩数距離」を意識するようになったのですが、「1日1万歩は歩く」ということが目標で、ジムに行けない日は家の中で、テレビや携帯を見ながら、その場で「歩くフリ」をすることが多いんです。

歩き始めてから、ぐっすり眠れるようになったり、普段意識して飲んでいた水を無意識に摂取できたりするようになりました。

― そのような方法で水を摂取していたのですね!その他にスタイルキープのためにやっているエクササイズなどはありますか?

九条:ジムに行かない日は、家で音楽に合わせてできるエクササイズやボクシングをしています。音楽があれば楽しく続けられるし、だらけてしまいがちな家の中でも美容意識を高めることができるのでオススメです!

◆九条ねぎ「オタク気質で極めてしまう」食事へのこだわり

― 日々の食生活で気をつけていることはありますか?

九条:脂質を控えているので、加工食品はなるべく食べないように心がけています。ダイエット炭水化物を抜く方が多いと思うのですが、炭水化物を控えると貧血になったり、筋トレをしても筋肉がつきにくくなったりすると聞いたので、オートミールパスタなど、比較的体に良い炭水化物は摂るように意識しています。

パスタだと、どのような具材や味付けがオススメですか?

九条:私はお茶漬けが大好きなので、パスタにもお茶漬けをかけることが多いのですが、脂質を抑えられるし美味しいので、とてもオススメです。あとは、バターを使わず、ベーコンなどの具材は抑えること。パスタは作る頻度が高くて具材を毎回用意するのが面倒くさいので、きのこなどの野菜は切った状態で保存袋に入れて、常に冷凍庫にストックしてあります!

でも、少し油っぽいパスタが食べたくなったらペペロンチーノにしたり、クリーム系が欲しくなったら自分でクリームを作ったり、飽きないような工夫もしています。とにかく、市販のソースカロリーと脂質が高いので、自炊した方が体には良いと思います。

― 3食しっかりとした食事をされているのですか?

九条: 一般的には食べた方が良いと思うのですが、私は1日1~2食の方が体調が良い気がしているので、1食がっつり食べて、他は軽く済ませることが多いです。

お仕事があったらお腹が出ないようにあまり食べていないので、お仕事終わりにがっつり食べるし、家にいるときはお腹が空いたら14時くらいに食べて、夜はサラダだけの日もあります。

― 普段から自炊はされているのですか?

九条:以前はコンビニのご飯をよく食べていたのですが、健康的な食生活をしていると美容にも良いと思って、自炊をすることが増えました。外食も2~3日に1度はするのですが、店内で手作りしているお店を選んだり、成分表示を見て買ったりしています。

― 他に外食をする上で気をつけていることはありますか?

九条:お店でサラダを頼むとドレッシングがすごくしょっぱいので、別のお皿で頼んだり、かけないでもらったり。あとは、チェーン店のステーキ屋さんによく行くのですが、味付けは塩コショウだけで食べています!

― 徹底されているのですね!ステーキ屋さんには1人で行くのですか?

九条:1人です!最初は男性ばかりで入りづらかったのですが、1度1人で行ってみたらファミリーや女性はもちろん、1人のお客さんも多いので、「みんな周りのことを気にしていない」と感じて行きやすくなりました。食べてすぐお店を出るのが楽だし、安くて美味しくて、タンパク質を摂ることもできるので、今ではハマっています!

― 美味しくタンパク質が摂れるのですね!食事にこだわりがたくさんあって素敵です。

九条:オタク気質があって、調べたら極めたいと思ってしまうので、楽しんでいます(笑)。最近はオーガニックにハマっているのですが、前まで「ただ高いだけのもの」と思っていたのが、知るほどに「こんなに良い成分が入っているんだ、ちょっと高いけど買ってみよう」という考えになりました。

でも、たまには添加物だらけの加工食品を食べたり、バターだらけの食べ物を食べたりしてリフレッシュしています(笑)

◆九条ねぎ「ファンデを重ねる生活から、コンシーラーいらずの肌に」

― 最近している特別なスキンケアなどがあれば、教えてください。

九条:ほぼ毎日半身浴をしているのですが、そのときに市販で売っている安い日本酒を大きなコップ1杯程度と、「エプソムソルト(硫酸マグネシウム)」を入れています!この方法が良いのかはわからないのですが、動画などを見ながら1時間くらい入っていると温まるし、お肌もつるつるになるので、私には合っていると思います。

体にお酒の臭いはつかないのですが、量を入れすぎるとお風呂場が結構臭くなってしまうのが難点です(苦笑い)。

お風呂上がりのスキンケアなどは、何をされていますか?

九条:昔は毛穴ニキビを気にして、改善できるような商品を使いまくっていたのですが、ケアをしすぎて逆に悪化させてしまったので、今はシンプルに化粧水などで保湿する程度で終わらせるようにしています。

シンプルな方が肌には合っていたのですね。

九条:ケアしすぎていたせいで肌の表面が削れてしまって、どんどん乾燥肌になってしまっていたんです。今はデイリーケアがシンプルな分、月に1度、美容クリニックやエステに通っています。

― 美容クリニックやエステでは、どのような施術をされているのですか?

九条:美容クリニックでは、「ダーマペン」という小さな針でニキビ跡を治していたのですが、最近は肌が改善して施術をしなくても良くなりました!エステでは、新しく「カーボキシー」という高濃度炭酸ガスパックが、ニキビ肌や顔のむくみに効果があって、1~2週間に1回は通っています。

― ニキビ肌が改善されたのですね…!

九条:そうですね。色々ケアしすぎてしまったことで、大きなニキビがクレーターのようになって、それを隠すためにコンシーラーやファンデーションをつけて…というように、悪循環になっていたのだと思います。クリームファンデの上にパウダーファンデを重ねていた生活から、今ではコンシーラーすら必要なくなりました!

◆九条ねぎ「お尻を我が子のように育てている」

― 九条さんと言えば美しいお尻ですが、 “美ヒップ”を作るために最近は何かされていますか?

九条:お尻専用のクリームではなく、顔につけるものをお尻にもつけています!ちょっと良いパックや美容液を使うこともあって、我が子のように育てています(笑)

― 日々、お尻の状態をチェックしているのですか?

九条:お風呂に入る前後に全身鏡で、「ここは良い感じ、ここはトレーニング頑張ろう」というように体全体をチェックしているので、そのときにお尻も見るようにしています。私は肌が弱いのでブツブツになってしまったり、自転車に乗り過ぎると黒ずんでしまったりするのですが、毎日保湿やスクラブをしていると綺麗になるので、日々のケアを続けることが大切だと思います。

― 継続が必要なのですね。ありがとうございました

modelpress編集部)

◆九条ねぎ(くじょう・ねぎ)プロフィール

誕生日5月18日
出身地:東京都

グラビアアイドルコスプレイヤーモデル等幅広く活躍。「美尻グラドル総選挙2020」にて中間投票1位、最終2位に輝いた。2020年10月より、サブスクプレミアムファンコミュニティラットフォーム「ミーグラム(Mi-glamu)」でファンクラブ「あぴるくらぶ」を開設。インタビューのオフショットも掲載中。

Not Sponsored 記事】

九条ねぎ(C)モデルプレス


(出典 news.nicovideo.jp)