吉野 七宝実(よしの しほみ、1991年3月5日 - )は、日本のグラビアアイドルである。スターレイプロダクションに所属していた。現在はフリーランス。仕事の依頼はTwitterやInstagram等のDMからすることが可能である。 千葉県出身。短大在学中からモデルとして活動を始めた。ボルダリング専門
12キロバイト (1,525 語) - 2021年4月18日 (日) 09:39



グラビアアイドルの吉野七宝実(よしの しほみ)が10日、東京・秋葉原ソフマップで最新イメージDVD『吉野七宝実vs仮想エロス』(発売中 4,378円税込 発売元:エアーコントロール)の発売記念イベントを行った。

短大在学中からモデルとして活躍した後、2016年に発表した1stDVD『しほみん』でグラビアデビューを飾った吉野七宝実。Fカップバストスレンダーボディが魅力で、"干物グラビア"として大きな話題を集めている。その彼女が最新作は、4つの妄想シチュエーションが展開される中、大人のエロティズムがさく裂した1枚となっている。

昨年末に撮影したという最新作は「4つのシチュエーションがあって、私が家庭教師幼なじみ女子高生のお姉ちゃん、それに彼女とナースを演じました。家庭教師シーンでは生徒の妄想が実現化してます。彼女のシーンでは彼氏と一緒にお風呂を、ナースシーンではベッドに寝ている患者さんを私が責めるという感じになっています。ジャケットにもなっていますが、白衣を脱いだらサザンクロスの水着で、女王様でもないんですが私が患者さんをしょうがないから責めて上げました」と紹介。今回は制服姿にも挑戦しており「私、今年で30歳なのでもういいかな? と思いましたが、DVDを見られた方から好評だったので大丈夫かなと思います(笑)」とつつ、「自分的には厳しいですね。これが最後じゃないですかね(笑)」と語った。

その吉野は1月にフジテレビ系で放送された『アウト×デラックス』に出演し、"干物ビキニ"をマツコ・デラックスに絶賛されるなど、"干物グラドル"として再ブレイクの兆しも。「知っている方から『見たよ!』と言われました」と周囲の反応も上々だといい、「海では声かけてもらえますが、街ではさっぱり(笑)」と苦笑い。自ら釣った魚を干物にしてグラビアで使用するなど、釣りにも勤しんでいるそうで、「最近も釣りに行ってますよ。男は釣れる? 男は面倒なのでノーサンキューです(笑)」と話していた。

画像提供:マイナビニュース


(出典 news.nicovideo.jp)