「だらしない部屋着」で男心を鷲掴みにしたEカップ美女のミン・ハンナが、再び韓国で話題を集めている。

【画像】ミン・ハンナの「だらしない部屋着」

ミン・ハンナは、韓国大企業CJグループによるレーシングチームの専属モデル175cmの長身と抜群のボリューム感を備えた“美ボディ”の持ち主だ。

癒し系という言葉がぴったりの清純で美しい顔立ちをしており、レースが開催されるたびに会場に訪れた男性ファンを虜にしている。

2019年の韓国ファッションデザイナー協会の最優秀モデル賞を受賞するほどだ。さらにSNSの人気も凄まじく、インスタグラムのフォロワー数は60万人に上る。

そんなミン・ハンナは最近、インスタグラムに写真を公開した。

公開された写真でミン・ハンナは、生まれたままの姿にエプロンを着用したような姿を披露。しかし、よくよく見ると胸元にはシールタイプのインナーが装着されており、下半身もインナーウェアの上にストッキングを重ねるなど、露出対策はばっちりのようだ。

とはいえ、布面積の少ない衣装と豊満ボディの相性の良さには、いつも感心させられる。

清純な顔立ちとダイナマイトボディを併せ持つ彼女から、今後も目が離せない。


(写真=ミン・ハンナInstagram



(写真=ミン・ハンナInstagram


(文=S-KOREA編集部)



(出典 news.nicovideo.jp)