雪平 莉左(ゆきひら りさ、1994年6月17日 - )は、日本のグラビアアイドル、モデル。愛知県出身。プラチナムプロダクション所属。 趣味は旅行、ゴルフ。特技はメイク、腹筋を割ること、いちごの大食い。 葉月えみり名義でSUPER GT(2019年〜)YOKOHAMA ADVAN GAL、レースクイーンとして活動
3キロバイト (284 語) - 2021年3月18日 (木) 23:35



モデルプレス=2021/04/05】グラビアが出る度にバズりまくる“グラビア界の新星”、雪平莉左(ゆきひら・りさ/26)。OLから芸能界へと進んだ彼女が、バラエティドラマに出演し、話題になるまでの道のりとは…。モデルプレスのインタビューでは、芸能界入りしたきっかけや、話題の“ふんわりバスト”の作り方などについて語ってもらった。

【写真】「東京カレンダー」で話題の美女・雪平莉左、ふんわりバスト&ヒップ、真っ白美肌に釘付け

◆“バズりまくる美女”雪平莉左とは?

地元・愛知県で3年間OLをした後に上京し、2020年夏にはWEB版『東京カレンダー』の企画“東京プールラバー2020”に出演。整った顔立ちに、色気溢れる魅力的なスタイルで注目を集め、「この子は誰?」とネット上をざわつかせた。

その後も、今年1月に発売された『週刊ヤングジャンプ』8号では、2000号記念グラビア企画に続き、同誌でもレアな2号連続の出演を果たした他、同月に発売された『週刊プレイボーイ』5号にも初登場し、“深夜から翌朝にかけたデート”をテーマとしたフォトストーリー“妄想カレンダー”にて、大人の魅力溢れるセクシーグラビアを披露。

雑誌への出演も続々と増え、一気に名を広めている雪平は、モデルグラビアだけではなく、バラエティ番組やドラマなどでも躍進中。グラビア界の新たな注目株として、2021年もさらなる活躍が期待されている。

そんな彼女の芸能界入りまでの道のり、思わず息を呑むほどの美しさの秘訣に迫る。

◆雪平莉左、地元のOLから芸能界の道へ…

― 昔から、芸能界に興味や憧れはあったのですか?

雪平:学生時代から芸能事務所にスカウトしていただくことはあったのですが、自分に自信がなかったので、芸能活動をしようと考えたことはなかったんです。

― OLから、人前に出る仕事に転身したのは、なにかきっかけがあったのですか?

雪平:地元で3年ほどOLをしていたのですが、「日常に飽きたな」と思うことが増えて、何か違うことを始めたくなったことがきっかけです。ちょうどその時期、お休みの日に東京に来て遊ぶことが多かったので、「こんなに頻繁に来るなら、東京でお仕事をしてみよう!」と思い、上京しました。

◆大きな転機となった「東京カレンダー」への出演

グラビアの活動を始めようと思ったきっかけはあったのですか?

雪平:昨年の夏に「東京カレンダー」の“東京プールラバー2020”という企画に呼んでいただいたことがきっかけです。ホテルのナイトプールで水着での撮影をしたのですが、その写真の反響が大きかったし、何より楽しかったので、「本格的にグラビアの仕事がしてみたい」と思うようになりました。それからテレビに出演する機会も増えて、今に至ります。

― 反響は実感していますか?

雪平:1番はSNSのフォロワー数が増えたことです!普段Instagramでバズっても、10002000人フォロワーが増えれば良い方なのですが、「東京カレンダー」の写真を投稿したときは6000~7000人くらい増えたんです!

― それはすごいですね…!雪平さんは頻繁にバズっているイメージがありますが、ファンの方からコメントなどで感想をもらうこともあるのですか?

雪平:そうですね。最近は、ずっと閉鎖していたInstagramコメント欄を開放したので、皆さんからのコメントを読んだり、いいねをしたりすることも増えました!ファンの方と直接会うイベントができない状況なので、SNSでのコミュニケーションを楽しんでいけたらいいなと思います。

グラビアの道へ…雪平莉左の苦悩とは

グラビアアイドルになって一気に注目された雪平さんですが、本格的に芸能活動を始めて、辛かったことはありましたか?

雪平:グラビアの撮影では普段しないポーズをするので、筋肉痛になってしまうことが辛いですね。撮影自体は楽しいのですが、体をひねったり、背中を反らせたりすることで、全身に負担をかけてしまっているなと日々感じています。

あとは、体型維持のために暴食をしないようにすることが大変です。私は結構、食べるとすぐに太ってしまうタイプなので…。

― 食事の面だと、普段からどのようなことを意識しているのですか?

雪平:とにかく、小麦粉を摂らないようにしています!本当はパンや麺が大好きで、芸能のお仕事を始める前はよく食べていたのですが、やっぱり当時は今より太っていたんです。この仕事を始めてからエステに通うようになって、小麦粉は太るというのと、足元に脂肪がつきやすくなるという話を聞いたので、やめるようになりました。

でも、全く食べないというわけではなくて、週に1度ご褒美で食べたり、グルテンフリーのパンや麺で代用したりしています!あとは、糖分はフルーツで摂るようにしていますね。元々フルーツが好きということもありますが、砂糖がたくさん入ったスイーツが食べたくなったときに、代わりにフルーツを食べると紛らわせることができるんです。冬は、毎日いちごを食べていました。

◆雪平莉左の“美ボディ”ルーティン

美しいボディが話題の雪平さんですが、毎日しているトレーニングなどがあれば教えてください。

雪平:体を引き締めるために、ジムには週に2回ほど通っています!太ももおしり、背筋、と全体的にバランス良く鍛えられるように意識していますが、鍛えすぎないことにも気をつけています。

― おうちでも、運動やマッサージをされているのですか?

雪平:家では、ストレッチをしたり、湯船に浸かったりすることを心がけています!ストレッチはあまり得意ではないのですが、撮影前にむくみを取るために頑張っていて、お風呂は、長時間入浴していると乾燥に繋がると聞いたので、40度から41度のお湯に15分程度浸かっていますね。

お風呂あがりのスキンケアは、どのようにされていますか?

雪平:水分が蒸発する前に保湿をしたいので、毎日欠かさず、体を拭く前に濡れた状態でボディクリームを全身に塗っています。

― 肌もとても白くて驚きました!どのようなケアをされているのですか?

雪平:毎日サプリやローズヒップティーを飲むことで、積極的にビタミンを摂取するようにしていますね!あとは、極力紫外線に当たらないことや、肌が露出しない服を着ること、日焼け止めをしっかり塗ることなど、基本的なことを心がけています。

◆雪平莉左、“ふんわりバスト”の作り方

― 雪平さんは“ふんわりバスト”が注目されていますが、日々どのようなバストケアをされているのですか?

雪平:胸はできるだけ触らないように心がけています。ジムで胸筋は鍛えているのですが、激しく走ったり、胸をマッサージしたりなど、直接動かすようなことはしていません。その代わりに、エステで胸元にハリと美白効果を与えるレーザーを当てたり、夜には必ずナイトブラをして眠ったりすることで、バストケアをしています。

他には、肌の水分量を上げて胸を柔らかくするために、お水をたくさん飲むようにしています。1日2リットルを目標にしていて、最低でも1.5リットルは飲むように心がけているのですが、水を飲み始めてから肌荒れも減ったし、ニキビもすぐ治るようになりました。

◆雪平莉左、マスク生活での変化

― 雪平さんはメイクが好きだと伺いましたが、マスク生活の中で大きな変化はありましたか?

雪平:マスク生活になる前とあまり変化はないのですが、マスクでも見える部分のメイクを楽しむというよりは、むしろアイメイクなどを薄くするようになりました。私は元々顔立ちがはっきりしているので、マスクで目元しか見えなくなってから、今まで通りメイクをするとキツく見えてしまうんです。

やわらかい印象になるように意識するようになったのですね。

雪平:そうですね。顔のバランス的にパーツを中心に寄せたいので、目と口が近づけられるように黒目の上のまつげだけ上げたり、眉毛を平行にしたりして、やわらかい印象にしながらバランスが取れるメイクができるように、日々研究しています!

前髪なども重要なポイントで、伸ばしたり分けたりすることはせず、とにかく優しい印象になるように短めにしています。

◆雪平莉左が今挑戦したいこと

― 着実にステップアップしている雪平さんの、夢を叶える秘訣を教えてください。

雪平:自分が思ったことはまずやってみることが大事だと思います!“やらない損よりやる損”だと考えているので、ちょっとでも考えたことは行動に移すと、夢に繋がるんじゃないかなと思います。

私も今まで行動しないで待っていた方なのですが、自ら挑戦した結果、今の事務所の方に声をかけてもらえたので、今はやりたいお仕事があれば積極的にマネージャーさんに言うように心がけています!

― 今後はどのような活動をしていきたいですか?

雪平:演技のお仕事を積極的にやっていきたいなと思います!バラエティ番組などにももっと挑戦して、最終的にはモデルや女優のお仕事を長く続けていけるように頑張っていきたいです。

― これからのご活躍も楽しみにしています!ありがとうございました

modelpress編集部)

◆雪平莉左(ゆきひら・りさ)プロフィール

生年月日: 1994年 6月 17日
出身地:愛知県
血液型AB型
趣味: 旅行・ゴルフ
特技: メイク・腹筋を割ること・いちご大食い

OLから芸能界に転身し、『東京カレンダー』の企画“東京プールラバー2020”で美ボディが大きな話題を集め、人気に火がつき、現在ではグラビアを始め、女優やタレントとしても活躍の幅を広げている。

Not Sponsored 記事】

モデルプレスのインタビューに応じた雪平莉左(C)モデルプレス


(出典 news.nicovideo.jp)