グラビアアイドルの西本ヒカルが17日、東京・秋葉原のソフマップで最新イメージDVD『ヒカルのキモチ』(発売中 4,400円税込 発売元:エスデジタル)の発売記念イベントを行った。

園子温監督の初めてのハリウッド映画『プリズナー・オブ・ゴーストランド』にも出演経験するなど、女優として活躍する一方で、昨年5月に発表した1stDVD『初めてのグラビア』でグラビアデビューを飾った西本ヒカル。上からB87・W63・H84というグラマラスなボディと豊満バストで人気も上昇中だ。そんな彼女の通算4枚目となる最新作は、女子高生に扮して大好きな先輩とイチャラブが展開される中、新人らしいキュートさと男性を惑わせるセクシーな表情で視聴者を誘惑の世界へと誘う。

お気に入りというイエローの水着姿で会場に現れた西本は「今回は高校生を演じました。先輩のことが大好きで中々告白できなかったんですが、勇気をもって教室で『デートしてください!』と告白したところからストーリーが展開します」と最新作を紹介し、「お風呂のシーンでは泡を使いました。泡を全体で身体を隠すようにしているのでセクシーだと思います」と話すなどバスルームのシーンが見どころだという。

また、本編では妄想シーンとして女教師も演じている。「教務室でありえないポーズをしています。皆さんが見たことないようなシチュエーションが見れると思いますよ。自分から積極的に脱ぎました!」とアピールし、「自分で見るのは恥ずかしかったんですが、グラビアとしてのスキルを見せられたのでデビューした時からは成長したなって思います」と自信を見せた。

グラビアデビュー前に出演したハリウッド映画『プリズナーズ・オブ・ゴーストランド』が現在公開中。「2年越しでやっと公開されました。出演した時は19歳で演技の現場に1回も行ったことがありませんでした。撮影中はニコラス・ケイジさんと控室でずっとお話をしていて、大物の裏話を聞けてすごく面白かったです」と撮影当時を思い返し、「今はドラマや映画のオーディションを受けています。テレビや映画に出られるようになりたいです!」と目を輝かせていた。

画像提供:マイナビニュース


(出典 news.nicovideo.jp)