“世界最大規模のコスプレの祭典”として知られ、毎年国内外から20万人以上のコスプレイヤー&カメラマンが参加していた「世界コスプレサミット」(略称:WCS、コスサミ)。そんなWCSが、さまざまな感染予防対策を講じたうえで2年ぶりに開催。「WCSには毎年参加していました!」というコアなファンたちが駆けつけ、会場は大盛り上がりとなりました。

「ドラゴンクエストIV 導かれし者たち」のマーニャに扮するAkiさん


「世界コスプレサミット2021(略称:WCS2021)」と称して実施された同イベントを取材し、撮影させてもらったコスプレイヤーたちの写真を、数回に分けて連載形式で紹介しましょう。

こちらの記事でクローズアップするのは、新旧さまざまな人気ゲームのキャラクターに扮したコスプレイヤー。昨今ではコスプレ界隈でも「Fate/Grand Order」や「原神」「アズールレーン」「ウマ娘 プリティーダービー」といったスマホゲームの人気が高く、今回のWCS2021にも各タイトルのヒロインに扮したレイヤーが大勢集結。

真夏のイベントということもあってか、セクシーな水着バージョンのコスチュームを着たレイヤーもちらほらいて、それぞれが猛暑にも負けず、各所で写真撮影に応対していました。

また、この9月で2周年を迎えた「ドラゴンクエストウォーク」も人気の高いタイトルで、参加者のなかには本作を通して「ドラクエ」シリーズにハマり、コスプレにも挑戦するようになりました…というグループも。撮影をしつつ、疲れたら木陰に移動して休憩し、その間にゲームもプレイするといったスタイルで、イベントを思いきり満喫していました。

もちろん、これら以外にも「ファイナルファンタジー」や「スーパーマリオ」「モンスターハンター」「ザ・キング・オブ・ファイターズ」など、さまざまな家庭用ゲーム(およびアーケードゲーム)のキャラクターに扮して参加していたレイヤーも多く、取材を依頼したところ、原作の雰囲気を忠実に再現したポーズで撮影に応じてくれました。

【取材・文=ソムタム田井】


「アズールレーン」の愛宕に扮する柚希さん


(出典 news.nicovideo.jp)