倉科カナが9月22日(水)発売の『anan』(マガジンハウス)の表紙、バックカバー、グラビアページに登場。特集「私らしく、ボディポジティブでいこう!美乳強化塾2021」特集で、大人っぽくファッショナブルなランジェリーブランド『サルート』の秋冬のコレクションを着こなしている。


■​倉科の生き生きとした表情が輝くファッションストーリー

デザイン性の高さに定評のある『サルート』にちなみ、今回の撮影テーマは “ファッション”。ランジェリーを身にまとった倉科が、ピンク色の壁や大きなランプなどが置かれた、キュートな空間で、時にポップに、時にしっとりとした表情を見せる。

見る者を明るくさせる、生き生きとした笑顔やポージングに、現場でも歓声が上がるほどだったという。

■nanwebでは普段の下着選びのポイントも

インタビューでは、美しい下着をまとうことによる気持ちや佇まいの変化について、自分自身を高めるためにいかに大事な役割を果たしているかについて語っている。レースの繊細さや着心地についてなど、細やかな視点が感じ取れる話も。

また、公式サイト『ananweb』では、普段の下着選びのポイント、ご自身が持つ晴れやかな雰囲気の秘訣やデビュー15周年への思いなど、本誌未掲載のインタビューが公開される。


倉科カナが華やかなランジェリー姿を披露/ ※提供写真


(出典 news.nicovideo.jp)


倉科 カナ(くらしな かな、1987年12月23日 - )は、日本の女優、タレント。ソニー・ミュージックアーティスツ所属。熊本県熊本市出身。 熊本信愛女学院高等学校卒業。高校3年生のとき、冒険心から受けた「SMAティーンズオーディション2005」でグランプリを受賞した。しかし、当時は学業を優先して
45キロバイト (5,844 語) - 2021年9月13日 (月) 00:56