コスプレイヤーのえなこが発売中の雑誌「フォトテクニックデジタル」8月号の表紙を飾っている。今回、インタビューが到着した。

「フォトテクニックデジタル」は2005年創刊の隔月刊「デジタル・フォトテクニック」を母体として、2008年1月に月刊誌として創刊。今回の2021年8月号で最終号を迎えることとなった。

えなこの初登場は2017年2月号。伊織もえと篠崎こころ3人での出演を含めると、今号で4回目の表紙出演となる。今回の衣装はウエディングドレス風の純白ドレス、水着、私服の3パターン。えなこはインタビューにて「最終号の表紙を飾るという大役が私でいいのかなとびっくりしましたが、『カギ閉め』をさせてもらえることは嬉しかったです。もしフォトテクが復刊したら、『カギ開け』も任せてください!」と語った。

――今回の撮影はいかがでしたか?
えなこ:実は今回の撮影、なにげに初挑戦のものがたくさんありまして。ウエディングっぽいテーマで、ロリータ衣装を着させていただいて。ロリータ衣装を着る機会ってなかなかないんですけど、私自身すごく好きなので、嬉しかったですね。ツインテールにして、ブリブリにかわいく撮っていただけました(笑)。あと、お花をたくさん詰めた湯船の中に入る、っていうシチュエーションって、あこがれだったんですよ! しかも今回はすごいきれいな生花をたくさんご用意していただいて……。私の中の夢の一つがかなった瞬間でした。

――自粛中はどうやってリラックスしていますか?
えなこ:最近は、動物の写真や動画をたくさん見たりしてます! 珍しい動物をとことん調べて、1時間ぐらいある動画を発掘して一人でずっと見るとか(笑)。そういう動画って、特に何があるわけでもなく、その動物がただ生活している状態を映してるだけなんですけど、そういうのがすごく好きで、じ~っと見てます。


なお、「アニメイト」、「HMV&BOOKS online」、「ゲーマーズ」、「書泉」(グランデ・ブックタワー)、「セブンネット」、「とらのあな」、「メロンブックス」、「ヨドバシカメラ」で購入すると、それぞれ絵柄の異なるフォトカード特典がゲットできる。

(C)PPエンタープライズ

画像提供:マイナビニュース


(出典 news.nicovideo.jp)


えなこ」は芸名であり由来は最初に使用していたハンドルネームが「みなづきえり」で、それから「えな」となり最後は「えなこ」に落ち着いた。「みなづきえり」を名乗っていた理由は特に無く、単純に可愛いからとか文字が良い感じだからと語っている。 性格はすごく面倒臭がりでズボラ。好き
131キロバイト (15,551 語) - 2021年7月22日 (木) 12:13