異例中の異例尽くしだ。局アナ人気ナンバーワンのテレビ朝日・弘中綾香アナが、フォトブックを出版。温泉カットを修正なしで公開したのだ。さらに来月に色香あふれる写真集を出版する「バスト番長」鷲見玲奈も負けじと、たわわなパパイヤバストの先行発表に踏み切った。同期の人気アナによる波状色香は、今後の女子アナ界に革命をもたらすほどのインパクトを与えている。「あざとい」アナウンサー合体の狙いとは!


 愛くるしい笑顔と30歳とは思えないファニーフェイスにもかかわらず、ズバッと斬り込む「毒舌」を武器に、人気街道驀進中なのが、テレビ朝日の弘中綾香アナだ。そんな彼女の売れっ子ぶりを象徴するかのように、7日に写真集「ひろなかのなか」(講談社)が発売。「弘中アナと過ごすひと夏」をコンセプトにドライブ、レストラン、温泉、水族館、ラフティングなど、夏の始まりから終わりまでを詰め込んでいる。

 だが、これが「異例中の異例」と、テレビ業界はもとより、芸能界も注目しているというのだ。

「そもそも現役の女子アナが書籍を出すのは、ここ最近では珍しいケース。田中みな実の写真集『Sincerely yours…』(宝島社)にしても、彼女がフリーアナに転身したからこそ実現した企画。しかも弘中アナはれっきとした会社員のはずなのに特別扱いで、今年2月に続いての出版は珍しい。完全に女子アナの枠を超えた活動をしています」(芸能事務所関係者)

 写真集の構成は、ページをめくるたびに、まるで弘中アナとデートを満喫しているように感じる展開がポイント。千葉の鴨川でデートをした後は旅館でしっぽりと1泊。薄紫の浴衣に着替えた弘中アナは、両手を広げ、笑顔でおどけたポーズを見せたかと思えば、ページをめくると一転、アンニュイで物憂げな表情を浮かべる。そしてベッドに座り、どこか気もそぞろといったところか。ベッドに寝そべると、口を半開きにして、うっとりと目を閉じるカットは、どこか秘め事の予感すらしてしまう貴重なショットだ。その後は、頭の下に枕を置いての挑発的な笑顔が続く。

 いよいよ温泉に入れば、弘中アナの柔肌に目を奪われる。なにしろ、今回の写真集は「無修正」だというからコーフンは高まるばかり。

「弘中さんの本来の美しさを引き出すために、室内でも自然光での撮影をしているほか、肌のレタッチはあえてしていないのに、透明感あふれる肌感は、ちょっとタレントさんでもここまで出せない。おそらく相当、自前の肌に自信があるんでしょうね」(ファッション誌編集者)

 真骨頂である温泉入浴では、透明感あふれるデコルテから肩のラインと、次のページでは、湯船から顔を出すチャーミングな姿がたまらない。無修正ヌードだけに、湯船からおっぱいが透けていないか確認したくなるほどだった。

 女子アナウオッチャーの丸山大次郎氏も太鼓判を押す。

「バラエティー番組を担当している弘中アナからは普段見えない魅力ではあります。プライベートでふと見せる、彼氏でないと見られないようなショットは、ファンならずともたまらないのではないか。いつもはチャキチャキしていますが、こういう姿も見せるんだという楽しみはありますね。個人的に弘中アナの魅力は笑顔だと思うので、ラフティング写真は見所だと思います。健康的な白い歯と脇をしっかりと見せて、ベストの下は何も着ていないように見えるのが、妄想をますます膨らませますね」

 丸山氏も絶賛するラフティングで川下りに挑戦する場面では、ノースリーブのウエットスーツから、色素沈着のない美ワキを披露。寄りのショットでも大胆にワキの下を見せつけるようにはしゃぐ姿は、あまりにも無防備すぎやしないかと心配したくなるほどなのだ。

 意表を突くサービスショットもある。朝日が差し込む部屋の中、真っ白のパジャマを着た弘中アナは楽しげにカメラを持ち、自分もと言わんばかりにカメラを向ける。しかし、次のカットではすぐそばにいるようなドアップ顔で、まるで男性のモノをくわえているかのよう。そんな「フェラ顔」に刮目した男性読者も少なくないはずだ。

 弘中アナといえば、田中みな実を師と仰ぎ、美白談議に花を咲かすほどの親密な関係だけに、写真集についても相談したのか。

「写真集の中身については相談していなかったらしい。むしろ、写真については、同期である鷲見玲奈(31)とインスタ談議で盛り上がったそうです。鷲見のインスタを弘中アナがチェックしていたそうで、番組で鷲見と共演した際に、撮り方指南を請うたほどです」(出版関係者)

 ここにきて、女子アナ界の「おっぱい番長」との記念すべき無修正合体が実現したのだ。

<続きを読む>
弘中綾香&鷲見玲奈「ゼロ修正合体」で始まる女子アナ革命(2)二人の意外な共通点
弘中綾香&鷲見玲奈「ゼロ修正合体」で始まる女子アナ革命(3)「新・あざとい軍団」のコラボ

アサ芸プラス


(出典 news.nicovideo.jp)