コスプレイヤーのえなこが、21日発売の『週刊少年チャンピオン』(秋田書店)の表紙に登場した。


 ​>>全ての画像を見る<<​​​​​​​

 NO.1コスプレイヤーと評され、注目を集めているえなこ。現在は、テレビやCM、グラビアなどさまざまなジャンルで活躍し、2020年には日本で初めてコスプレイヤーとしてクールジャパン・アンバサダーに任命された。2021年4月には、公式YouTubeチャンネル『えなこチャンネル』も開設。さらに、21日に個人名義として初のシングル『SP-LuSH ROAD』(スプラッシュロード)をリリースするなど活動の幅を広げている。

 同号では『えなこと♡』と題した撮りおろしグラビアを、大ボリュームの15ページにわたり掲載。同誌6回目の登場となった今回は、赤と白のボーダー柄の水着姿を披露している。

 発売に先駆けえなこは、「たくさん起用していただけるのも、手にとってくださる皆さんのおかげです! 本当にありがとうございます♡ 夏! 海! プール! とにかく楽しかったので、私と夏を満喫してください♪」とコメントを寄せている。

 同号には、付録としてえなこの両面BIGポスターと、サイン入り暑中お見舞いポストカードも付いてくる。他にも、限定QUOカードがもらえるサービス企画も実施中だ。




『週刊少年チャンピオン』⒞秋田書店


(出典 news.nicovideo.jp)

えなこ」は芸名であり由来は最初に使用していたハンドルネームが「みなづきえり」で、それから「えな」となり最後は「えなこ」に落ち着いた。「みなづきえり」を名乗っていた理由は特に無く、単純に可愛いからとか文字が良い感じだからと語っている。 性格はすごく面倒臭がりでズボラ。好き
131キロバイト (15,551 語) - 2021年7月20日 (火) 13:22