コスプレイヤーのえなこが、19日発売の『フォトテクニックデジタル 8月号』(玄光社)の表紙に登場した。


 >>全ての画像を見る<<

 同誌は、2005年創刊の『デジタル・フォトテクニック』を母体として、2008年1月に月刊誌として創刊。今回の2021年8月号で、最終号を迎える。表紙&巻頭グラビアには、人気コスプレイヤーのえなこが4回目の登場。ウエディングドレス風の純白ドレス、水着、可憐なワンピースという3パターンの衣装で撮りおろしグラビアを披露している。

 インタビューでえなこは、「最終号の表紙を飾るという大役が私でいいのかなとびっくりしましたが、『カギ閉め』をさせてもらえることは嬉しかったです。もしフォトテクが復刊したら、『カギ開け』も任せてください!」と語った。

 また、撮影での感想を聞かれると「実は今回の撮影、なにげに初挑戦のものがたくさんありまして。ウエディングっぽいテーマで、ロリータ衣装を着させていただいたりとか。ロリータ衣装を着る機会ってなかなかないんですけど、私自身すごく好きなので、嬉しかったですね。あと、お花をたくさん詰めた湯船の中に入る、っていうシチュエーションって、あこがれだったんですよ! きれいな生花をたくさんご用意していただいて…。私の中の夢の一つがかなった瞬間でした(笑)」とコメントを寄せている。

 同号を『アニメイト』、『HMV&BOOKS online』、『ゲーマーズ』、『書泉(グランデ・ブックタワー)』、『セブンネット』、『とらのあな』、『メロンブックス』、『ヨドバシカメラ』で購入すると、それぞれ絵柄の異なるフォトカードが特典として付いてくる。

⒞『フォトテクニックデジタル2021年8月号』


(出典 news.nicovideo.jp)


えなこ」は芸名であり由来は最初に使用していたハンドルネームが「みなづきえり」で、それから「えな」となり最後は「えなこ」に落ち着いた。「みなづきえり」を名乗っていた理由は特に無く、単純に可愛いからとか文字が良い感じだからと語っている。 性格はすごく面倒臭がりでズボラ。好き
131キロバイト (15,541 語) - 2021年7月18日 (日) 05:50