ミスFLASH2021の霧島聖子、益田アンナ、名取くるみがこのほど、東京・秋葉原のソフマップで最新イメージDVD『ミスFLASH2021』(いずれも発売中 各4,180円税込 発売元:ラインコミュニケーションズ)の発売記念イベントを行った。

2006年よりスタートした週刊誌『FLASH』主催のグラビアアイドルオーディション『ミスFLASH』。今年発表された第15代目のグランプリは霧島聖子、益田アンナ、名取くるみが選ばれ、その記念にそれぞれがDVDをリリースされた。コロナ禍の影響でイベントが延長されたが、この日は3人が勢揃いして発売記念イベントを実施。イベント前に報道陣向けの取材会が行われた。

同コンテストからグラビア活動を本格化させた益田は本作が初めてのグラビアDVDだが、「沖縄のコテージでお家風なシーンがあるんですけど、買い物に彼氏と行って一緒にタコライスを作ったり一緒に食べるシーンを収録しました。撮影の時も実際に本物の泡盛を飲ませていただいたんですが、お酒も入っているので自然の自分が出せたかなと思います」と満足げ。

昨年11月に1stDVD『Saint Love』を発表した霧島は、本作が2作目のグラビアDVDで、「最初のチャプターはバカンスに来ている秘書を演じました。私はエッチな妄想が好きなので、秘書は得意な妄想(笑)。それを発揮してラブラブでイチャイチャなシーンを繰り広げています。それとお風呂のシーンではお風呂に入りつつ飴を舐めたのでエロスを醸し出しています」と前作以上にセクシーさを強調した。

本作で早くも3作目となる名取は「ニップレスをつける撮影が多いと思うんですが、私はそれをタトゥーシールで代用しました。メーカーによるとタトゥーシールは初めてらしく、しかもキレイに撮っていただいたのでそこが一番の見どころだと思います」と語った。

今年1月にグランプリが発表されてから半年が経過。"名取が「1つの冠が取れたということで様々な方から注目されているしメディアでも取り上げていただき、これを機に知らなかった人にも知ってもらいました。これからも努力をし続けていきたいと思います」とさらなる活躍に意欲を見せ、霧島も「ミスFLASHになって結構良いことが続きました。疎遠な人から連絡が来たり(笑)。FLASHさんで全員の表彰が載りました。ミスFLASHを卒業したらFLASHさんの表紙に戻ってきたいですね」と今後の目標を。グラビア未経験だった益田も「グラビアにめちゃくちゃ興味が湧くようになったし、色んな雑誌を読んで研究するようになりました。今後の夢はソロで雑誌の表紙になることです!」と目を輝かせていた。

画像提供:マイナビニュース


(出典 news.nicovideo.jp)


霧島 聖子(きりしま せいこ、1991年〈平成3年〉12月8日 - )は、日本のレースクイーン・グラビアモデル・歌手である。大阪府出身。愛称は「せいこっこ」、歌手としては「Renna」名義で活動している。アイズ所属。 大学時代は美人時計のモデルや全日本クロスカントリー選手権のグリッドガール等をこな
50キロバイト (5,670 語) - 2021年7月14日 (水) 17:56