芸能事務所ゼロイチファミリアの「ギャル担当」こと、Fカップグラビアアイドルの霜月めあが12日、自身のSNSを更新。『エヴァンゲリオン』シリーズに登場する真希波・マリ・イラストリアスのコスプレショットを公開し、その美しさに多くのファンが魅了されている。


■これが3次元版の真希波マリ…?

霜月めあ

この日霜月は、インスタグラムに「エヴァ結局3回観たけど、まだ観たりないなぁという気持ち…」というコメントと共に、劇場版最新作『シン・エヴァンゲリオン』から真希波マリの制服姿に変身した写真を公開。

トレードマークの赤い眼鏡に加え、瞳の色や髪型など再現度は抜群。こちらを見ていたずらっぽく微笑む姿はまさに原作通りの謎の美少女オーラを放っており、マリの3次元バージョンはこんな感じだろうかと想像してしまう。


関連記事:「ミスFLASH2021」霧島聖子の美ボディ炸裂 下乳あふれるランジェリー姿は圧巻


■映画から出てきたかのよう

この写真を見たファンからは「マリそっくりだ!」「マリのコスプレ似合いすぎてますね」「映画を思い出すよ」「最高に美しいです」と絶賛コメントが続出。

また、劇場版を3度見ても足りないという霜月の感想に対しても「映画面白かったですよね、マリもすごく中心にいました」「10回目を見終わりました」といった反応が寄せられている。


■新作スマホゲームの公式コスプレ

また霜月は同日、ネクソンの新作スマートフォン向けゲーム『カウンターサイド』のイベントに公認のコスプレイヤーとして出席。

長いポニーテールが特徴的なクールビューティー「ヤナギ・ミナ」のコスプレ姿でJR秋葉原駅構内に現れ、ファンからは「秋葉原駅通ったらチラッと見えました。めちゃくちゃスタイル良かったです」「最高にコスが似合ってました」「緊張してお話出来なかったけど快く写真とポーズを決めてもらえて感動しました」と、多くのコメントが届いている。



(文/しらべぇ編集部・びやじま)

「似合いすぎ…」 霜月めあの「真希波マリ」コスプレにファンため息


(出典 news.nicovideo.jp)


霜月 めあ(しもつき めあ、1995年11月14日 - )は、日本のコスプレイヤー。01familia所属。 LJL 2020 Spring SplitのアシスタントMCを務めた。 以降「ゼロイチゲーム部の部長」を名乗り、配信ゲーム番組などへの出演も多い。 事務所所属にしてからは"むっちりすと"を
4キロバイト (454 語) - 2021年3月27日 (土) 17:42