「日本一エロすぎるグラビアアイドル」のキャッチフレーズで人気を博すグラビアアイドルの森咲智美が3日、自身の公式YouTube『森咲智美チャンネル』を更新。セクシーなボディスーツ姿で激辛焼きそばを食べ、汗をかくかどうかの検証実験を行った。



■激辛を超える「獄激辛」

森咲智美
(©森咲智美)

この日森咲はチャンネルに「【ペヤング】獄激辛、痛い!Gカップグラドルの挑戦!!」と題した動画を投稿。

以前も激辛企画に挑戦したものの、その時はまったく汗をかかなかったという森咲。今回はそこからさらにレベルを上げて、カップ焼きそばの定番である「ペヤング」から、パッケージに「泣けるほど辛味が強い」と書かれた「獄激辛」味に挑戦するという。



■汗をかいたらすぐわかるピチピチスーツ姿

森咲智美
(©森咲智美)

今回の実験では汗をかいたことがわかりやすいよう、ピチピチのボディスーツ姿に着替えた森咲は、今回「天の声」を務めるマネージャーと共に大好きなハイボールで乾杯し、早速獄激辛ペヤングに箸をつけていく。

両者共に辛さ耐性には自信がある様子だったが、獄激辛の一口目を食べた感想は「辛い」そして「痛い」であった。


■辛いと言うよりもはや暴力!?

森咲智美
(©森咲智美)

その後も続けて口に運ぶも「暴力的な辛さ」「涙が出てくる」「くちびるが赤くなってリップ要らず」などの感想が次々と飛び出し、あまりの辛さに完食することはできずに無念のギブアップ。

結局、獄激辛を食べても汗はかかなかったものの、代わりに涙と鼻水がとめどなくあふれる壮絶なラストで動画を締めくくった。


■表情だけでも辛さが伝わってくる

この動画を見たファンからは「表情みてめっちゃ辛そうなのが伝わってくる」「このシリーズは辛いというより痛いですよね」「ギブする気持ちめっちゃわかります」「味覚がなくなるのでくせになる」などのコメントが寄せられていた。

また、セクシーな衣装で激辛チャレンジをする森咲の姿に「その服どこで売ってるの(笑)」「美人の涙も素敵です」「助けてあげたくなる」「ペヤングよりペタンと座る智美ちゃんのほうが気になる」と、こちらも多くのリアクションを集めていたようだ。


(文/しらべぇ編集部・びやじま)

「いろんな汁が出て大変」 森咲智美がピチピチスーツで「獄激辛」に挑戦した結果


(出典 news.nicovideo.jp)


森咲 智美(もりさき ともみ、1992年8月12日 - )は、日本のグラビアアイドル、タレント、YouTuber。女性アイドルグループ「OS☆U」の元メンバーである。 愛知県名古屋市出身で、芸能事務所リップがマネジメントしている。 アルバイト感覚でエキストラに応募し、2010年の全日本ロードレース選手権で「Team橋本組
22キロバイト (2,706 語) - 2021年6月17日 (木) 04:33