6月17日、舞台「キューティーハニー CLIMAX」が東京・シアター1010で開幕した。永井豪の大ヒットコミック「キューティーハニー」を原作に、2020年2月に上演された「キューティーハニー Emotional」、同年9月から10月にかけて上演されたライブを中心とした「キューティーハニー The Live〜秋の文化祭〜」に続く“舞台版3部作”の完結編となるのが今作「キューティーハニー CLIMAX」。

初日公演を前に囲み取材が行われ、3作連続出演となる主演の上西恵(キューティーハニー役)、佐藤日向(ジャンパーハニー役)、西葉瑞希(スイーツハニー役)の3人が、新キャストとなるラストアイドルの相澤瑠香(サイバーハニー役)、AKB48の行天優莉奈(ラブリーハニー役)と共に出席した。

全員がピンクのナース服の衣装で登場。上西が「新しい変身後の衣装を作ろうということになったみたいで、スタッフさんたちが相談した結果、ナースハニーになったみたいです(笑)。やっぱりナース服って人気あるじゃないですか。ファンの方もナース服を見たいんじゃないかなって」と新衣装について説明し、「変身シーンも3作の中で一番多いです。私、『ハニーフラッシュ!』って3作目が一番多く叫んでいると思います」と話して期待感を高めた。

ナースハニーの衣装を実際に着た印象を聞かれると、上西は「結構露出度も高めで、真っピンクの服を普段着ることもないので、舞台ならではだと思うので楽しみたいと思います。たくさん写真撮って(SNSに)アップしていきたいと思います(笑)」とお気に入りの様子。

佐藤は「衣装合わせの段階ではもっとスカートが短かくて過激だったんです。『もうちょっとナースっぽくしようか』という話になって、調節してもらって今の形になりました。セクシーですけど、これで殺陣もするので、舞台に立ったらカッコいい印象に変わるんじゃないかなって思います」と、新衣装の良さをアピール。

西葉は「スイーツハニーとしてではなく、西葉的にはすごく恥ずかしいです(笑)。でも、かわいい衣装なので堂々と着たいと思います」と照れ笑いを浮かべた。



3作連続で同じ役を演じることについて聞かれると、上西は「ハニーちゃんは本当にピュアで疑うことを知らなくて、仲間思いなんです。ハニーちゃんのそんな純粋な心に私は救われてきました」とキューティーハニーへの思い入れを話した。

そして、「1作目の時はハニーちゃんも目が覚めたばかりで知らないことだらけ。私も2.5次元とか座長とか、初めてのことが多かったので、みんなを引っ張っていくことができず、アドバイスも頂いてばかりいました。でも、3作やっていくうちに、ハニーちゃんも成長していきましたし、私もちょっと出来るようになったかなって思います。心の方も『緊張する。ダメだ…』じゃなくて、『やるぞ!』って思えるようになりましたし、成長できたと思います」と、役柄と同じように成長してきたと答えた。

「キューティーハニー」にちなんで、自身の“キュート”なところを聞かれ、上西は「お尻」と返答。「(キューティーハニーの歌で)“お尻の小さな女の子”っていうフレーズがあるじゃないですか。なので、ハニーちゃんらしさがここ(お尻)で出せてるんじゃないかな?」と笑顔で答えた。

佐藤は「髪の毛のキューティクルはあると思います(笑)」と答え、西葉は登壇した共演者たちから“お顔がキューティー”と言われて、「私が言ったわけじゃないですよ(笑)。でも、赤ちゃんって呼んできますし、年下の方なので、それで(笑)」とうれしそうな表情でコメントした。

最後は、上西が「今回、残念ながら2公演(16日の夜公演と17日の昼公演)が中止となってしまいましたが、初日を迎えられました。全公演中止になってしまった舞台作品がある中、初日を迎えられるというのは当たり前のことではないと思っています。私たちが今できることはエンタメを続けることだと思います。最高のメンバーがそろったので、みんなで作り上げていきたいです」と力強いメッセージで締めくくった。

◆取材・文・撮影=田中隆信


舞台「キューティーハニー CLIMAX」主演の上西恵


(出典 news.nicovideo.jp)



上西 (じょうにし けい、1995年〈平成7年〉3月18日 - )は、日本の女優。滋賀県出身。女性アイドルグループ・NMB48の元メンバーである。株式会社GCREW所属。 レッツゴー万博2025公式アンバサダー。 2010年 9月20日、『NMB48オープニングメンバーオーディション』に合格(応募総数7256名、最終合格者26名)。
30キロバイト (3,951 語) - 2021年6月17日 (木) 12:19