アイドルグループ「恵比寿マスカッツ」メンバーでプルンとした丸尻がチャームポイントのグラビアアイドル・白藤有華が13日、自身のツイッターを更新。トレードマークのお尻についてしまった虫刺され痕(あと)の対処法がかわいいと話題になっている。


■自慢のお尻が虫刺されに、でも…?

この日白藤は、ツイッターに「【ぷる尻健診】今日の撮影会ではシール貼ってました」とコメントし、お尻をどアップで映した写真を公開。

8日にお尻を虫に刺されてしまったことを報告していた白藤だが、皮膚科に行って大量の「ハート型」絆創膏をゲット。さらには絆創膏に「虫刺され中」と書くことで、痕すらなんだかかわいく見えてくる逆転の発想で撮影会を乗り切ったようだ。




■ユニークな発想にファンからは称賛の声

写真を見たSNS上のファンからは「ハートのシール、ナイス!」「ハートのラッピングされたみたいでなおさらかわゆさ倍増だね」「ハートの絆創膏なんてあるんだ!」と、お尻の絆創膏へのコメントが続出。

その他にも「ぷる尻は世界遺産、はやく修復される事を祈っています」「ぷる尻は面積があって密度が濃いので狙われやすい?」「まじまじと見れなかったからシールに気づかなかった」といったリアクションも寄せられている。


■ゲーミングスタイルの猫耳水着

そんな白藤は同日、自身のインスタグラムとツイッターに一枚のグラビアショットを公開。猫耳ヘッドギアと統一されたカラーリングの競泳水着姿を披露。

超ハイレグの水着からはみ出した特大サイズのぷる尻にファンからは「なんていい尻なんだ」「素敵なお尻ですね」「何もはいてないかと思った」「おしりぷりぷりにゃん!」と、多くの称賛のコメントが寄せられている。



白藤有華、お尻の虫刺され痕の対策が素敵すぎる 「かわいさ倍増してる」


(出典 news.nicovideo.jp)


白藤 有華(しらふじ ゆか、1997年1月4日 - )は、日本のタレント、モデル。愛称はおゆか。エイジアプロモーション所属。 大阪府出身。 幼少時は喘息で入院生活を送り、小学生以降はスイミングスクールに通い肺を鍛え発作が収まる。親がセブン-イレブンフランチャイズオーナーをしていたため、高校時代の放
9キロバイト (1,055 語) - 2021年5月26日 (水) 19:35


◆関連記事

【画像8枚】白藤有華、グラビアに挑戦したキッカケは… 「脱ぐのが好きだった♡」



生足&クリーム、太もも&ロケット…見学クラブにグラドル"白藤有華"潜入!ディープなオプションを公開!!




白藤有華、尻肉持ち上げる「これがこう」に反響 「これは反則」「手伝いたい」