グラビアアイドルの由良ゆらが、6月14日発売の「週刊プレイボーイ」(集英社)に初出演。そのアザーカットとコメントが届いた。

【写真を見る】バスルームでの撮影では大人びたセクシーさで魅了

由良ゆらは、2020年10月にゼロイチファミリアに所属し、SNSでの「これがこう」と2枚の写真を並べるギャップのある投稿で話題を呼んでいる。また、4月21日に発売した、最新DVD「ゲレンデが溶けるほど、ゆらゆらしちゃうぞ」では先行予約後、即完売・重版となるほど、今注目を集めている。

――週刊プレイボーイ初出演ですね。

憧れていた週刊プレイボーイさんに出演させていただけることに決まったときは、本当に嬉しかったです。撮影も何と私の出身地の千葉県で、海も近かったので懐かしい感じがしてとてもリラックスしながら撮影できました。

――今回の撮影では、今までと少し違う大人っぽい由良ゆらさんが見れたかなと思いますが?

はい!今までの由良ゆらの印象と反対のすごく大人な表情をしたり、ヘアメイクも今までしたことのない大人な感じになっています...!着た衣装もどれも新鮮な感じでしたが、特にバスルームで撮影したベージュの衣装は最高に大人っぽくてお気に入りなのでぜひ注目して見ていただけたら嬉しいです。

――自分自身で好きなところは?

自分自身のチャームポイントはほくろなんです。まず顔の左の目元に3つあるのと、両頬に1つずつあって、あとは左腰に目立つのが1つあります。見つけた方に、よく褒めて頂くことが多くて、好きになりました。なので前は嫌で隠していたのですが、今ではチャームポイントの一つだと思っています!

――毎日更新されているSNSですが、たくさんイイねもらえていますね。なにか秘訣は?

投稿するときに意識していることは、彼女感をだしたり、フェチな感じに撮ったりすることですね...たとえば由良ゆらのツイートをみて一緒に過ごしている気分になれるような文や写真にしています。

自分が好きなイラストや、グラビア、フェチな感じを自分自身で再現しているのでsnsに投稿するのはとても楽しいです!

――最後にメッセージを一言お願いします。

これから、由良ゆららしくもっと上を目指して頑張っていきたいと思います!snsのことで答えさせていただいたように、彼女感をだしたり、フェチな感じで撮ったりしているのでそうゆうところもみていていただけたら嬉しいです!


(C)集英社/週刊プレイボーイ/撮影・井上たろう/ (C)集英社/週刊プレイボーイ/撮影・井上たろう


(出典 news.nicovideo.jp)



由良 ゆらゆら ゆら、2002年6月17日 - )は、日本のタレント、グラビアアイドル。旧芸名は白石 夢来(しらいし ゆら)。千葉県出身。01familia所属。 事務所のオーディション合格をきっかけに小学生の頃から芸能活動を始め、中学2年生のときにグラビアアイドルとしてデビュー。当時の芸名は白石夢来。
6キロバイト (716 語) - 2021年5月7日 (金) 09:34