5月にAKB48を卒業した峯岸みなみが、6月5日放送の「おかべろ」(関西テレビ)に出演。ダウンタウン・松本人志に褒められたエピソードを明かした。

 現在、主にバラエティ分野で活躍する峯岸だが、「AKBを辞めたら、アイドルなのにとか、アイドルのわりに頑張るという看板がなくなるので、どんなに体を張っても無価値な存在になってしまうんではないか」と不安を吐露。

 そんな中、昨年10月、「まっちゃんねる」(フジテレビ系)の1コーナー、“女子メンタル”に出演した際、峯岸が全身タイツで人気キャラクター・ガチャピンにふんした写真をスタジオで公開。ナインティナイン・岡村隆史は「最高やん。こんなん昔、ほんこんさんしかやらへんかった」と絶賛した。

 峯岸は当時を振り返り、「無我夢中だったんですよ、この時は。こんなに大々的に皆さんに見てもらえると思っていなかったので、反響にすごい驚いて、私もこっちに足を踏み入れたんだなっていう」とコメント。

 さらに平成ノブシコブシ・吉村崇に「現場で松本さんになんか言われました?」と聞かれると、「終わったあとに、『面白かったな、これ1本で行けるんちゃうかな』って言われて、めちゃくちゃ嬉しかったです。そうなんだって思って」と峯岸。

 これには岡村と吉村は「すごい!」と口を揃え、岡村は「そういうのなかなか言われへんよな、芸人さんでもそういうの言うてくれはれへんで。『良かったんちゃうと』か、そんなぐらいやろ」と驚きを隠さなかった。

 峯岸は「芸人さんの世界は厳しい。女性タレントでここまでよくやったなってこと」としつつ、「そう言っていただけると、バラエティー頑張りたいなって思って」と、松本の一言に励まされたことを告白。岡村に「ホンマは何をやりたい?」と問われると、「『A-Studio+』とかに出たい。鶴瓶さんの横に座りたい。アシスタントとかそっち系にいけないかなってずっと思っていました」 と明かし、共演者から「いけない、いけない」とツッコまれ苦笑していた。

 松本にも認められた峯岸の今後のバラエティーでの活躍に期待したい。

(鈴木十朗)

アサ芸プラス


(出典 news.nicovideo.jp)


峯岸 みなみ(みねぎし みなみ、1992年〈平成4年〉11月15日 - )は、日本のタレント。女性アイドルグループ・AKB48の元メンバーで、同グループの派生ユニット・ノースリーブスのメンバー。東京都板橋区高島平出身。プロダクション尾木(業務提携:Mama&Son)所属。 2002年 3月、小学生時代に『ハロー
71キロバイト (8,827 語) - 2021年6月9日 (水) 02:01